こんな症状は?

※症状に対する病例は参考です。
いつもと違うと感じたら、すぐに受診しましょう。

眼が赤い、めやに、涙目

感染性疾患

ウィルス性結膜炎、細菌性結膜炎、角膜感染症、麦粒腫など

炎症による充血

ドライアイ、眼の異物、アレルギー性結膜炎、ぶどう膜炎、など

眼が乾く、眼が疲れる

眼がかゆい

ほとんどがアレルギー性結膜炎であることが多いです。
感染性疾患…ウィルス性結膜炎、細菌性結膜炎、角膜感染症、麦粒腫などの初期症状で眼がかゆくなることもあります。

眼が痛い、異物感がある

異物による痛み

目に砂が入った、ごみが入った場合はむやみに取らないで、涙で流す又は目薬で流すようにしましょう。しばらくしても取れないときは必ず眼科を受診しましょう。くれぐれもこすらないようにしてください。

感染、炎症による痛み

感染性疾患ウィルス性結膜炎、細菌性結膜炎、角膜感染症、麦粒腫など

緑内障

急激に眼圧の上がる、原発閉塞隅角緑内障では目の痛みと頭痛、嘔吐などが急に現れます。

まぶたの腫れ

アレルギー性結膜炎、ものもらい(麦粒腫)、外傷など…
ものが二重に見えたり、痛みを伴うなら早めの受診をしましょう。

眼の黒目が白い

老化によって角膜の周辺部のリング状の白濁がおこる(老人環)、角膜感染症の痕や翼状片などがあります。

見えにくい又は視力が低下した

屈折異常、水晶体の異常(白内障)、眼圧異常(緑内障)、眼底出血、視神経の異常など、眼科を受診するうえで一番気になる症状といえます。

視野が欠ける、見えないところがある

緑内障、網膜疾患、視神経疾患、脳血管障害、脳腫瘍などで視野の異常が出やすいです。視野の欠損や狭窄の多くは緩やかに進行する為、気づかない間に進行していることがあります。

物がゆがむ、物が小さく見える、物の中心が見えにくい

歪視、変視症

中心性漿液性脈絡網膜症、加齢黄斑変性、網膜上膜、黄斑円孔など。
手術が必要な場合もありますのでまずは受診ください。

視野に光が見える

光の見え方によって変わりますが、光が常に同じ方向に見えて、明るくても暗くても変わらない場合は網膜剥離が疑われます。
硝子体が加齢によって変性して、眼底から浮き上がる硝子体剥離が起こるとき、網膜との癒着が強いと網膜が引っ張られ、それに伴って光が走るようになります(光視症)。

視野に浮遊物がみえる

黒いものが飛ぶように見える飛蚊症は、硝子体の濁りが原因です。

心配のない場合がほとんどですが、ときには、網膜剥離の兆候であることがあります。

網膜機能は剥離している期間が長くなると低下します。

たとえ手術になっても早く直すことが、後遺症を軽くすることに繋がります。

黒いものに気がついたら早く眼科を受診して、網膜剥離が起きていないか確認してください。

ものが二つに見える

物が二重(二つに)見えることを複視と言います。

複視の原因はさまざまあります。

・片目で見える複視
白内障、乱視など…)

・両目で見える複視
(斜視など… ※プリズムメガネの処方が可能です。)

いつもと違うと感じたらすぐに受診しましょう。

光がまぶしい

眼の光を通す経路が障害物により乱反射して、まぶしさを感じることがあります。

また、角膜に傷や、感染症をおこした場合、また水晶体の濁り、虹彩炎、毛様体炎なども硝子体の混濁をきたしまぶしく感じます。

色の区別がつきにくい

日常生活に支障のないことが多いですが、多くは先天性のもので、後天性の場合は視神経の障害、網膜の中心部の障害で起こることがあります。

アクセス

〒216-0033
神奈川県川崎市宮前区宮崎3-13-12 アーバンハイツ宮崎1F

詳細はこちら