目の病気

コンタクトレンズによる目の病気

【コンタクトレンズは角膜の老化を促進してしまう】

コンタクトレンズは黒目(角膜上皮)に装着します。
この場合の角膜内皮への酸素の供給は、コンタクトレンズ→角膜上皮→角膜内皮となり角膜上皮がさらに酸欠となります。コンタクトレンズの使用は年を取ると数が減少する角膜内皮の減少をさらに加速し角膜の老化を促進することになります。

●角膜上皮障害

コンタクトレンズによる病気で最も多く、ゴミや汚れ、ケア用品がレンズの下に入り込み上皮を傷つけることがあります。
数日で治りますが、ほっておくと気付かずに細菌感染をおこすこともあります。

●角膜浸潤・潰瘍

角膜上皮の内側まで障害が及んだ状態をいいます。
感染の危険が高く、治療が遅れると炎症が眼球内に及び、失明に至ってしまうことがあります。

●角膜浮腫

角膜の【むくみ】です。視力が少し低下しますが、レンズの種類や装用方法を見直すことにより、むくみはひきます。

●角膜血管新生

角膜に血管が伸びてくることです。
重度の酸素不足サインですので、装用の中止や装用時間の短縮をすることがあります。

●角膜内皮障害

角膜の一番内側の層を内皮といいます。
酸素不足などの為、内皮細胞が減ることがあります。
内皮は再生しない細胞ですので、視力低下などで気付いた時には角膜移植しか方法がないということになりかねません。

●巨大乳頭結膜炎

レンズの汚れが原因のアレルギー性結膜炎です。
抗アレルギー点眼薬や、レンズケアを徹底し、レンズの変更も考えます。

アクセス

〒216-0033
神奈川県川崎市宮前区宮崎3-13-12 アーバンハイツ宮崎1F

詳細はこちら