目の病気

糖尿病網膜症

糖尿病の眼合併症の1つで、成人の失明原因第2位となっています。

又、糖尿病にかかっている期間に比例して増加しています。

初めは無症状のことが多く気付かずに進行していることがあります。

高血糖が続くと、網膜の細い血管が少しずつ障害され、血液の成分が血管から漏れ出したり、閉塞したりする。
すると、網膜の血流を改善しようとして、網膜に新しい血管を形成するがこれはもろく、容易に出血してしまいます。

出血を繰り返すと、網膜表面や硝子体中に増殖膜が出来、牽引制網膜剥離をおこし、明らかな視力低下により失明することもある。

治療

内科のかかりつけ医と連携した糖尿病の治療が必要です。

良好な血糖のコントロールが前提となります。

又、栄養バランスのとれた食事等が必要ですので、医師の指導の下管理栄養士などにアドバイスをもらいましょう。

※網膜症の病型に応じた眼科的な治療が必要ですので、眼科医の診察を受けましょう。

アクセス

〒216-0033
神奈川県川崎市宮前区宮崎3-13-12 アーバンハイツ宮崎1F

詳細はこちら