診療科目

眼科

診察内容

緑内障、白内障、加齢黄斑変性、飛蚊症、糖尿病網膜症、網膜・硝子体疾患、中心性網膜炎、花粉症、ドライアイ、アレルギー性結膜炎、ものもらい(麦粒腫・霰粒腫)、流行性角結膜炎(はやり目)、翼状片、瞼裂班、結膜結石、結膜下出血、鼻涙管閉塞、眼瞼けいれん、老視、眼精疲労、斜視、弱視、小児眼科、視神経乳頭陥凹拡大、メガネ・コンタクトレンズ処方・・・など 気になる症状がございましたら、お気軽にご相談ください。

検査内容

オートレフケラトメーター

大まかに近視・遠視・乱視など眼の度数を測定し視力検査に役立てます。黒目のカーブも測定できます。

ノンコンタクトトノメーター

眼の表面に「フッ」っと風を当てて目の硬さ(眼圧)を測定します。

視力検査

おなじみの検査です

字ひとつ視力検査

おなじみの検査をひとつずつ見せながら視力を測る方法です。 小学校低学年程度までの小児の視力検査に有効

スリットランプマイクロスコープ

最も多用されている基本的な眼科の検査です。

眼底検査

散瞳の点眼をして網膜や視神経などに異常がないか隅々まで確認します。 散瞳すると5~6時間は眩しくなり手元にピントが合いにくくなります。 眼底検査ご希望の方はご自身で運転してお車・バイク・自転車での来院はお控えください。 当院ではOCT(光干渉断層計)があり網膜や視神経などの断層面のお写真を撮り精密な眼底検査を行っております。

視野検査

見える範囲を測定し、緑内障の診断で特に必要な検査です。 当院では動的視野計・静的視野計の2種類の機械があります。

視能訓練士

視能訓練士とは・・・視機能検査と視能矯正のエキスパート

昭和46年に制定された「視能訓練士法」という法律に基づく国家資格を持った医療技術者です。眼科で医師の指示のもとに視能検査を行うとともに、斜視や弱視の治療にもたずさわっています。

なぜ視能訓練士がいいの?

人間の一生にかかわる「目」の健康管理。 眼科では特に「精度の高い検査」がとても重要です。 ひまわり眼科では毎日、視能訓練士による検査を可能にしました。 乳幼児からお年寄りまで世代を超えて、皆様の大切な眼の健康を守るお手伝いをいたします。

小児眼科

こどもの眼の発達

生まれたばかりの赤ちゃんは、ぼんやり明かりがわかる程度の視力しかないと言われます。 成長につれて視力が発達しますが、視線が合わなかったり、見るのを邪魔するようなものがあったりすると正常に発達できないこともあります。 両目でものを見て遠近感を正確に把握する能力(両眼視)は、生後1年の間に発達しますので

  • 瞼があかない
  • 眼が揺れる
  • 眼の色がおかしい
  • 涙の量が多い、など
お子様の眼に気になることがあれば眼科医を受診しましょう。

1歳~3歳頃

  • 眼を細める
  • ものを極端に近くで見る
  • 眩しそうに眼を閉じる、など
まだお子様自身で『見えにくい』ことがあっても言葉で伝えることが難しいのでお母様や周りの方が気付くことが多いです。 少しでも気になったらまずは眼科医を受診しましょう。

3歳以上

このころになると視力検査をほぼ正確にできるようになります。 屈折異常がわかることも多く早期の治療のためにも健診で精密検査受けてくださいと言われたら必ず眼科医を受診しましょう。

こどもの眼は8歳くらいで大人と同じくらい見えるようになりますが特に5歳くらいまでが最も重要な時期といえます。 逆にいえば、8歳までに適切な刺激が目に加わらないと視力の発達が不十分なままになってしまうまもしれません。 この為、早期発見、早期治療が必要となります。

弱視

弱視には二つの意味があります

眼鏡で矯正しても視力が出ない状態を弱視といいます。 弱視の原因としては斜視、屈折の左右差、屈折異常、眼瞼下垂など様々です。 視力が一番発達しやすい時期は1歳半~8歳までと言われています。 弱視があっても1歳半~8歳までに治療を行えば視力の向上が期待できますが、大きくなってからの治療では効果が出にくくなってしまう場合があります。 お子さんは自分で見にくいとはなかなか言えません。 3歳から6歳までの間に必ず一度は視力検査をしておくことをおすすめ致します。

心因性視力障害

目に病気がないにも関わらず心理的ストレスの影響で視力・視野が障害される状態のことです。 視力0.3以下になることが多く7~12歳のお子様によくみられます。 学校の健康診断などで見つかることも多いです、是非しっかりと眼科での受診をおすすめ致します。

コンタクトレンズの処方について

medical_contact

ひまわり眼科では目の検査の上、装用可能と判断された方にコンタクトレンズを処方いたします。 ★お子様(高校生まで)は保護者の方の付き添いが必要です。

※当院取り扱いのコンタクトレンズはこちら。→取り扱いレンズ一覧お取り寄せ、メーカー直送対応をしておりますので、当日のお持ち帰りはできません。まずはトライアルレンズをお渡しいたしますので、ご確認ください。 ※目の健康を損なう恐れのある時は処方をお断りすることがあります。 コンタクトレンズを中止してもご不便のないようにメガネはお持ちください。 ※今までのデータが分かるものがありましたら、予めお知らせください。

コンタクトレンズは『高度医療機器』に指定されています。 ご使用になる前には必ず眼科医の診察を受けましょう。

本来、眼科医のもとで自分の眼に合ったコンタクトレンズを処方することが基本ですが、最近は、インターネットや量販店、メガネ店などで大量購入してしまい、コンタクトレンズごとに定められている装用ルールを守らなかったり、目の状態に合わないレンズを装用したり、不適切なレンズケアを行っていたりすることによる眼障害、視力障害が増えてきています。 メーカーが推奨する取扱い方法に従っても目の状態によってはまれに細菌性角膜炎やアカントアメーバーによる重篤な角膜障害が起こることもありますので、3か月に1度は定期検診を必ず行いましょう。

【参照】コンタクトレンズによる目の病気 (ひまわり眼科HP 目の病気・症状のページへ)

はじめてのコンタクトについて

※お子様(高校生まで)は保護者の方の付き添いが必要です。

適切なコンタクトレンズを装用し、正しいケアを行うために、以下を行う必要がございます。

contact_lense

★眼の状態確認 ★度数の決定 ★診察 ★装用練習

※はじめてのコンタクトレンズの処方には90分程かかりますので、お時間に余裕を持ってお越しください。 ※午前最終受付11:30まで 午後最終受付16:30まで ※普段使っているメガネをご持参ください。

コンタクトレンズ処方 検査・診察の流れ

①コンタクトレンズが適応する眼であるか検査します。 (傷や疾患がないか検査、診察します) ②コンタクトレンズの種類を決定して、検査用のコンタクトレンズを装用します。 ③視力検査 見え方の確認・調整をします。 ④眼に負担なくコンタクトレンズが装用されているか診察します。 ⑤コンタクトレンズ未経験の方には装用練習を行います。 トライアルを渡しますので、ご確認ください。 ⑥後日、ご希望のトライアルを装用したままでご来院ください。 確認後にコンタクトレンズの注文をお受けいたします。 (受け取りに2~3日かかります) ⑦コンタクトレンズ未経験の方は1か月後にコンタクトレンズが正しく使用できているか検診致します。 ⑧定期検診の方は、お持ちのコンタクトレンズがなくなる前に、コンタクトレンズを装用してご来院する必要がございます。ご予約ください。

 

アクセス

〒216-0033
神奈川県川崎市宮前区宮崎3-13-12 アーバンハイツ宮崎1F

詳細はこちら