院内処方と院外処方

診察を受けた医療機関で直接お薬を受け取るのが、院内処方
医療機関で処方せんを発行してもらい、調剤薬局でお薬を受け取るのが、院外処方。  

院内処方のメリット


①  利便性(薬局に行く手間と時間の割愛、会計も一度で済みます)
②  経済性(調剤薬局の手数料がない分、リーズナブルです)
③  的確性(診察をした医師が直接説明しますので、処方の目的など的確 にお伝えできます)
④  柔軟性(お薬の追加や日数の調整などが、比較的容易にできます。また災害時などの緊急時に対応可能です。)  

院外処方のメリット


① 複数の医療機関から処方のある場合に「かかりつけ薬局」で調剤を受ける際は、重複処方の回避や飲み合わせなどのチェック機能として働きます。 しかし、各医療機関の近くにある薬局(門前薬局と言います)の場合、このメリットは少なくなります。 なお、かかりつけ薬局があり、院外処方をご希望の方は処方せんを発行します。診察の際、事前にお申し出ください。
② 少なくとも医療機関においての調剤ミスは防げます。
 

ひまわりのおもい

早く、楽に。
いくら隣の薬局でも具合が悪いのに、お薬を取りに行くのって、結構辛いと思います。
雪空の下、高熱の乳児を抱えて、薬局に行くのって、酷だと思います。  

安く。
院内処方とジェネリックを積極的に採用することでお財布の負担を減らし、その分で、元気になったら美味しい物食べてね!と思います。
   

どれくらい安くなるの?教えて、ひまわりさん

お薬代は、国の定めた薬本体の価格(薬価)と、他の調剤に関わる様々な費用の加算から成り立っています。 ある日の処方を例に比較してみました。院内処方と院外処方の差額は一目瞭然です。



院外処方の場合、調剤薬局によって発生する加算があります。
(後発医薬品調剤体制加算 基準調剤加算など)  
 

ひまわりの取り組み

ひまわりでは、一般の院内処方ではできなかったことをしています。

① カラー写真入りの薬剤情報の発行をしています。
② ひまわりオリジナルのお薬手帳があります。ご希望の方は遠慮なくおっしゃって下さい。
③ ひまわり採用の医薬品の効果効能、副作用、相互作用などについて、全スッタフの定期的な勉強会をしております。  

あなたに知ってもらいたいこと

① 医薬分業(院外処方)は国に政策です。
当初の最大の目的は、不必要な投薬、いわゆる「薬漬け医療」の改善でした。数十年前は薬問屋からの納入価格と薬価(国の定めた薬本体の価格)の差益が70%以上ありました。また消費税もなかったので、薬を出せば出すほど儲かるシステムでした。まさに薬九層倍(くすりくそうばい)でした。

現在は、7種類以上の処方投薬にはペナルティーがあり、処方料のみならず、薬価の総額に対しての減額があります。また、国の政策による薬価の引き下げ(2014年も)、納入価格の引き上げの調整機能により、その差益は僅かなものになっています。

消費税(2014年4月~)も上がりますが、医薬品に関わる消費税は特例品目として、最終消費者である患者さんの負担でなく、医療機関の負担です。従って、中には逆ザヤ(小売価格より納入価格の方が高い事)もあります。  

② 在庫を抱え、時に期限切れによる廃棄をし、薬の発注管理業務などで人員も必要です。調剤処方に関わる手間もあり、薬剤情報を出すカラープリンターのトナー代も相当です。

医療機関においての経済的効率的メリットはほとんどありません。  


でも、ひまわりが、院内処方にこだわるのは、

ただ、「あなたの、ひまわりになりたくて」です。

できるところまで、院内処方を続けます。

アクセス

〒216-0033
神奈川県川崎市宮前区宮崎3-13-12 アーバンハイツ宮崎1F

詳細はこちら