目の病気

白内障

様々な理由により、水晶体(レンズ)が白く濁ってくる状態を白内障と呼びます。 加齢に伴う白内障がもっとも多く、早い方では40代頃からはじまり 80歳以上では、ほぼ100%白内障と言えます。 水晶体が濁ってくると、かすみ目や、ものが二重にみえたり、まぶしく見えたりします。 進行すれば視力も低下する為、早めの受診が必要です。

治療

軽度で視力に影響が出ない場合は点眼薬や内服薬で進行をおさえる治療をします。

濁ってしまった水晶体を戻す薬はありませんので、白内障が進行すると手術を行うことになります。

※当院では手術は行っておりませんが検査でご自身の状態をまずは確認いたしましょう。 ※必要に応じて手術可能な医療機関をご紹介いたします。

アクセス

〒216-0033
神奈川県川崎市宮前区宮崎3-13-12 アーバンハイツ宮崎1F

詳細はこちら